男女兼用 アーシングキット マフラーアースセット ホンダ シビック EU4 EU3 EU1 EU2 男女兼用 アーシングキット マフラーアースセット ホンダ シビック EU4 EU3 EU1 EU2 eredie.jp,ホンダ,EU1,EU4,アーシングキット,/mizzy1553337.html,EU2,EU3,シビック,車&バイク , カーパーツ , 電子パーツ,マフラーアースセット,3234円 3234円 アーシングキット マフラーアースセット ホンダ シビック EU1 EU2 EU3 EU4 車&バイク カーパーツ 電子パーツ eredie.jp,ホンダ,EU1,EU4,アーシングキット,/mizzy1553337.html,EU2,EU3,シビック,車&バイク , カーパーツ , 電子パーツ,マフラーアースセット,3234円 3234円 アーシングキット マフラーアースセット ホンダ シビック EU1 EU2 EU3 EU4 車&バイク カーパーツ 電子パーツ

男女兼用 アーシングキット マフラーアースセット ホンダ 新登場 シビック EU4 EU3 EU1 EU2

アーシングキット マフラーアースセット ホンダ シビック EU1 EU2 EU3 EU4

3234円

アーシングキット マフラーアースセット ホンダ シビック EU1 EU2 EU3 EU4

商品の説明

【セット内容】

車種別専用アーシングキット:1セット

マフラーアース:250mm、300mm、350mm各1本、計3本セット。

ケーブルはアーシング専用で耐熱性の高いケーブルを使用し、8sqのケーブルで色はブルーです。端子には高純度体を使用しました。各車種(エンジン)用設計です。

■対応型式:ホンダ シビック EU1 EU2 EU3 EU4
■エンジン型式:D15B D17A
■ポイント数:4
■ターミナル付属:あり

※画像はサンプルとなっております。車種型式によって形状が異なりますのでご了承下さい。


平編みメッキ線8sqを使用し、端子にはM8とM10のボルト用の端子が両端に付いております。
250mm、300mm、350mm3本セット。

空気が移動するときに発生する摩擦は高回転になるほど大きくなります。マフラーの内壁には高回転になるほどプラスの電荷が増加し空気が通過しにくい現象が起こります。この製品を装着することによりプラスの電荷を効果的にアース処理し摩擦が低減し排気効率が大幅にアップします。排気効率がアップすることによりレスポンスが向上します。また、排気ロスの減少によりパワーとトルクがアップします。触媒付近に取り付けることによりスラッジが溜まりにくくなります。お安めマフラーアースでお手軽チューニング!純正マフラー、後付けマフラーどちらにも取り付け可能です。

アーシングキット マフラーアースセット ホンダ シビック EU1 EU2 EU3 EU4

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »